結婚式の前撮りをやったほうがいい3つの理由

当日とは違う衣装が着られる

結婚式準備の中でも一番楽しいドレス選び。探し始めると素敵なドレスがいっぱいありすぎて決められない、というドレス迷子な花嫁さんも多いのではないでしょうか。前撮りをすると、結婚式では着ることのできなかった他の衣装を着て記念写真を残すことができます。例えば、当日はウェディングドレスとカラードレスでの挙式を予定している人は色打掛や白無垢で前撮りをすることもできますし、着たかったドレスは会場の雰囲気や親の好みと合わない、などの理由で泣く泣く諦めた衣装で写真を残すことも可能です。

当日のリハーサルになる

普段は着慣れていないドレスや着物。ぶっつけ本番で着てみると思っていた以上に動きづらくてびっくり!なんてこともあるかもしれません。せっかくの晴れの舞台ですから、ばっちり着こなして見せたいですよね。前撮りをすると、ドレスや着物を着て動く時間も長いので、当日は多少感覚が身についているのではないでしょうか。また、ヘアメイクに関しても、事前に確認することができるので、実際の写真を見て「ちょっと違うかも」と感じた場合には、当日のヘアメイクを変更することもできるでしょう。

結婚式当日に前撮り写真を利用できる

そして何といっても前撮りの最大の魅力は、撮った写真を結婚式当日に利用できることではないでしょうか。代表的な例をあげると、ウェルカムボードやメッセージカードをオリジナルで作ったり、オープニングムービーやエンドロール、新郎新婦のプロフィールムービーに利用することもできます。さらに余裕があれば、招待状に写真を使ってゲストへお披露目することもできるでしょう。両親や親戚への贈り物として、前撮り写真をアルバムにするというのも大変喜ばれるのではないでしょうか。

結婚写真を東京で撮影する時には、プロのカメラマンからの助言を受けながら、魅力的なプランを選択することが大切です。