こんな結婚式も良いかも!やっぱり結婚式はすべき?

結婚式は必要ないもの?

バブルというもはや死語といえる時代が過ぎ去った後、景気はほとんど回復することがないというのが実感ですよね。結婚式もバブル時代にはゴンドラに乗って派手に登場したものですが、最近では結婚式すら挙げないというのはごく当たり前のこととなっています。でも、本当にそれでよいのでしょうか?恐らくはたったの1度切りとなるはずの結婚式。セレモニーを挙げておけば、後から思い出した時にきっと良かったと思うのではないでしょうか。

2人だけでセレモニー

結婚式の規模もその内容も、一つ一つでまったく異なるものです。親族だけを招いて伴侶を紹介する場を設けるとか、ごく親しい友人も含めて行きつけのレストランを貸し切って行うとか、いろいろです。また、2人だけで記念に写真を撮るというのもまた良いものです。なんといっても、ウェディングドレス姿は女性の憧れなはずです。1度でも袖を通して記念写真を残しておくことは、あの時撮っておいて良かったときっと思えるはずです。

挙式費用よりも新生活の費用?

結婚式は一通り行えば本当にお金がかかるものです。そんなまとまったお金は、これからスタートする2人の新生活の資金にするというのが最近の考えです。また、子供が生まれたのを機に結婚に踏み切ったという2人なら、特にお金の必要さを実感するところなのではないでしょうか。それでも、ささやかなセレモニーをすることは、人生の区切りをつけるためにやっぱり必要だといえるのかもしれません。写真だけでも撮るというのは意外と人気の方法なのです。

結婚式なら親族のみを希望するカップルは年々増えています。地味婚であっても心のこもった式であれば、派手婚に負けず劣らず素晴らしい式になります。